post

私が住んでいるところはちょっと有名な港町です。窓を

私が住んでいるところはちょっと有名な港町です。

窓を覗けば海が見渡せて、暑い夏には涼しい潮風が吹き、それなりに、快適に過ごしているのですが、ひとつ惜しいのは、潮風で車がすぐに傷んでしまいます。

以前住んでいた海から遠い場所では、車がボロボロと錆びてしまうなんてことはおそらくなかったことです。

今の愛車は車下取りに出してしまって、きれいな新車を手に入れたいところです。

先日のこと、長年乗ってきた愛車を売ってしまいました。

売りに行った際に取引をした業者から、売った車がその後インターネットで販売される流れや取引の手続きに関する書類などの丁寧な説明を受けました。大切にしてきた思い出深い車なので、丁寧に扱ってくれる人へ渡ればいいなと思い、真剣に説明を聞きました。

ごく一般的に事故車というのは、事故などで損傷した車全般を指すことが多いですが、これは車査定の世界で広く使われる定義とは異なります。

車査定の場合の定義だと、交通事故などによって自動車のおおもと部分を交換しているか、修復したものが事故車と呼ばれます。

あとで後悔しないために、中古車屋と売買契約を結ぶ際はけして疎かにしてはいけない点があります。当たり前ですが、契約書にしっかり目を通すことです。

どんな契約でもそうですが、契約書に書かれている内容は各自が署名捺印すれば「納得したもの」と見なされ、効力が生じます。

口頭で説明されたとおりのことが契約書に記載されているか、ことに値段、手数料といった金額に関連した文言はしっかり目を通す必要があります。

細かいところまで読んでから契約するのが本来あるべき姿なのです。車検を通らないような改造をしてある車でも、売ることは可能です。そうは言っても、一般的な中古カービュー店では絶対に買取可能だとは言い切れず、査定額をダウンされるケースがあることを知っておきましょう。もしも改造した車を売りたいのならば改造車に造詣が深くて、改造車販売の道も持っている専門業者で査定してもらい買取の手続きをするのが賢い選択です。

自動車の程度にもよりますが、通常の中古車買取店では提示されないようなプラス査定になることもままあります。車両の売却の時は、高い金額で買い取ってもらいたいものです。その時には、注意すべきことがいくつかあります。それは、査定を行う担当者に虚偽の申請をしない事です。相手は査定をするプロの中のプロですから、あなたの嘘はあっという間にわかってしまいます。

嘘を話してもいいようになるどころか、イメージが悪くなってしまい、マイナスとなりうるのです。業者が提示した買取額で了解し、売買契約に署名捺印するとなれば、所有者は書類を複数用意しなければなりません。

軽と普通車では印鑑の違いがあったり、個人情報に変更があれば必要書類も増えるので注意してください。

必要書類は車検の際にも必要なので一緒に保管している人も多いでしょうが、車検証、リサイクル証明と自賠責保険証、そして(軽)自動車税の納税証明書が必須です。

印鑑については実印と印鑑証明が必要ですが、軽の場合は市販の認め印が使えるため、印鑑証明をとる必要もありません。

車を売却する際、エアロパーツのことが案じていました。純正のエアロパーツに気に入ったものが見つからなかったので、社外パーツを取り付けてしまったため、査定額の低下は覚悟していました。

けれど、複数の買取業者に出張査定を申し込んだら、エアロパーツを加算評価してくれたところもあって、申し分ない査定額を評価してもらえました。中古車の買取してもらう場合にわずかな額でも査定を高くしようと車検切れした車を車検に通す人も多いです。

買取、査定の場合、自社工場で車検を通している業者が多いので、わずかばかり、上がった査定の額より自分で通した車検の代金の方が高くなってしまうのです。車検が近くなった場合でも、査定をそのまま受けた方が得なのです。

事故をして車を直した場合は、事故車と呼ぶのではなく修復暦車と呼びます。

これはカービュー業者の査定において、査定の金額が、大幅に下がってしまうひとつの原因となります。

ただし、軽い事故による修理した場合、稀に修復暦車とされずに通常通りの査定となる車も存在します。