post

「そろそろ車を買い替えたい」という時、今乗っている車をどう

「そろそろ車を買い替えたい」という時、今乗っている車をどうするかはよく考えたいところで、実はディーラーよりも、専門の中古カービュー業者を使う方が、金銭面で大きく得をすることが、ここ最近広く世間に周知されてきたようです。

以前であれば、お店に出向いて交渉しなければいけないところですが、今はそんなことをしなくても、パソコン、スマホなどを利用してネット上で大体の査定額がわかるようになっています。

それが中古車を査定する専門サイト、すなわち車査定サイトです。利用方法は簡単です。

車種や年式、事故歴といった基本項目の入力を行なうだけで、ほんの数分後に答えを知ることができるでしょう。買い取り業者の実車査定では車種やメーカーのみならず、車検証に記載された内容から、年式、グレード、カラーの情報を取得することも当たり前のこととなっています。また、機器などの動作チェックや外装も目視チェックも寸刻みに行われますし、少々複雑なエンジンルームの点検も入念に行われるのが当然のことですし、あれこれ含めると、車の査定を受けるのには少なくとも15分、おおむね30分は見ておくべきでしょう。

プロのスキルを持った中古車査定士には単純な嘘はすぐにバレるので止めましょう。修理歴のある車だったり事故を起こしたことがある車なのに、これらが理由で低い見積もりを出されたくなくて事故歴などはないと言ってもすぐに判別しますし、嘘をついたことが原因で信頼関係を担当スタッフと築こうなんて事はもう無理難題です。

嘘をついていたことがバレて、一般の査定額よりも厳しめになってしまうことも起きても何ら不思議はありませんから、売却予定の車の状態については正直に話した方が良いのです。

中古車業者に車を売る際は、トラブル防止のために必ずしておくことといえば、ずばり、「契約書の熟読」、ただそれだけです。取引に関する必要事項を記載したものが契約書で、本人が署名押印していれば読んで了承したことになり、法的にも有効です。

営業マンの口約束と契約書の内容に差異はないか、特に金額に関する文言はかなり注意して読まなければいけません。

裏の小さな文字の文章にも大事なことが書かれていますからすべてに目を通した上でそれで良ければハンコを押すようにしましょう。

急かす業者は論外です。

車の査定金額が下がる主となる要因には何点かあるのですが、大きく見積もり金額を下げる要因の一番大きなものは、その車が事故や故障で修理歴があるということです。ものによっては査定金額が付かないところまで下がることもあることを知っておいてください。

でも、故障および事故で修理したことがあると必ずしも修理歴車と呼ばれるわけではなくて、売却予定の車の骨格に相当する部分にまで損傷が及んでいて、大きな傷跡を修理して直してものを修理歴車と呼んでいるのです。

車の買取にかかる手数料は、査定を依頼するときと同様で無料です。

もっとも、売主が負担するべき出費はあって、たとえば車の名義変更をするのにもし買取業者さんに代行してもらうのなら手数料をいくらか払う必要があります。

代行手数料の支払いは、あとで振り込まれる売買代金から差し引かれることもありますし、契約書にサインしたのち、営業担当者に支払う場合もありますし、現金の扱いを禁止している会社では後ほど指定口座に振り込むことになります。

また、手続きの際には元の所有者の印鑑証明書と住民票が必要なので、その費用がだいたい600円前後かかります。

まれに戸籍の附表が必要なときは、別途取得費がかかります。

買い替えで下取りということになれば古い車と新しい車の乗り換えはタイミングを計って行われます。ただ、下取りに出す代わりに自分で買取業者を見つけて売却する時は、話は別で、新車納入まで引き取りを待ってくれることはまずありません。

代わりに自転車や公共交通機関が使えれば良いのですが、そうでない場合はあらかじめ査定を依頼する前にまず代車が必要である旨を伝えておきます。

うっかりしていると業者次第でそういった手配はしていないところもあるので早いうちから確認しておくことが大事です。

車を売る時には必要書類をあらかじめ準備しておきましょう。買取に必須の書類は車検証はもちろん、保険料納付書や車庫証明がそうですね。

また、車両の説明書が残っているならば、その分査定額に上乗せされるでしょう。

入手に意外と時間がかかるのが買取の必要書類のひとつである、車庫証明です。ですので後で急いで用意するようなことが無いように、早めに行動した方が良いですね。

車の査定に関して、一括査定が増えたこともあるせいか、自宅で受けられる出張査定を選ぶ人はかなり大勢いるようです。

業者に来てもらえるのでやはりとても楽で、運転しなくていいので燃料が減ることもありません。楽ですがしかし、頼みを断れないタイプの人は業者が出向いてくる出張査定を選ぶより、自分で運転して持ち込み相手の方で査定を受けるのが向いているかもしれません。「わざわざ来てもらったのに悪かった」等そういう負い目の感情を持つと、なかなか断るのは難しくなるようです。

2~3年前のことになりますが、車の買い替えを思い立った際、より高い価格で買い取ってもらえる会社を調べていたことがあります。

当時は、情報収集の手段としてネットで車の査定価格を詳しく見比べた上で、車一括買取サイトで買取の申込を行いました。

思っていたよりも低い金額の提示が多かったのですが、車の査定価格は時期によっても少し変化するようです。