post

「低年式車でも買い取ってもらえた」と言う人がいま

「低年式車でも買い取ってもらえた」と言う人がいます。

彼の車は海外で人気のスポーツカーなのでナルホドなあと思いました。

古くても売れる車種というのは限られていて、それも業界で言う「新車同様」「極美」レベルなら買い取ってもらえるかもしれません。

ただ、複数の会社からの査定で値段がつかなかったような車は、どの業者でも同じような価格、おそらくあなたが思っているより相当低い額でしか買い取ってくれないでしょう。

もし買取価格に納得できないときは、個人売買という手もあります。

中古車業界とは別の視点で価値をつけるので、相応の値段でも買い手が出てくるかもしれませんので手間はかかりますが、カーオークションサイトもありますし、様子見で回ってみるといいでしょう。

事故車のケースでは、高い修理代を払っても、事故をする前と同じ状態には戻せないことも多々あります。

事故時に車が受ける衝撃によって、フレームに歪みが生まれてしまうと、キレイに直せないこともありえます。

事故車に修理代をつぎ込むよりも、事故車を専門的に買い取っている業者に売ってしまって、新車を購入する方が安全面では安心します。

近頃では、買取を申し込みたい場合には、web査定がよく用いられています。

一括査定を利用すれば、わざわざ店まで行かなくても複数の業者の買取額をもとに検討することができます。

ただ、WEB査定は単に目安を示すに過ぎないので、実際に査定に来てもらうとより低い額になってしまうのは覚悟しておきましょう。

また、中には事前にWEB査定で高額を提示しておきながら、実際の査定になった途端に安い額を持ち出し、売るまで帰らないという悪質な業者も存在しています。