post

車を売る場合、買取に必須の書類は車検証と車

車を売る場合、買取に必須の書類は車検証と車庫証明、保険料納付書が該当します。

他にも、車両に付属している取扱説明書などがあれば、多少、査定結果が上がると思います。

思いのほか入手に手間取るのが、買取の必要書類のひとつである、車庫証明です。

ですので早い段階できちんと準備しておくと良い結果に繋がります。

大抵の場合、買取の査定で有利になる車といえば軽自動車がダントツです。

「日常の足として、とにかく安さ優先というお客様に売れる」「そのまま店で代車として使うこともできる」と中古車屋さんでも言われているようです。

最近では、軽自動車でも普通車に匹敵するような大きさの車もあり、ファミリー層に意外とウケているようです。

軽自動車は燃費の良さだけでなく税金も安く、買いたい人がたくさんいるので、おのずと買取の金額も高くなってくるのですね。

愛車の下取り、査定価格では過去何キロ走ったかによりだいぶ左右されるものです。

例えば10万km超えの車だと下取り価格に期待はできないです。

けれども、3年で3万km以内、5年で5万km以内、1年間で1万kmぐらい走るぐらいの普通車だったなら買取、下取り価格が高くなりがちです。

走行距離が短い方が車の状態が良いと判断されているわけですね。