post

車を取引するにあたっては、いろいろな

車を取引するにあたっては、いろいろな出費が付随することに忘れないようにしましょう。

車を業者に売る時にも、手数料を払う必要があります。

業者と交渉する際は、車がいくらになるのかだけでなく、いくらの手数料がかかるのかも事前にチェックしておきましょう。

未経験だと分からないかもしれませんが、車を買取業者に売るのはとても簡単です。

提示された金額を了承すると、名前の知れた業者の営業マンなら今後の手続きや必要書類について事前に説明しますし、こちらがするのは書類を揃えることだけで、面倒な名義変更などの手続きも業者側で行ってくれます。

用意するのは名義人の印鑑証明書と実印、車検証、自賠責保険書のほか、自動車税の納税証明書です。

姓や住所地が違うと戸籍謄本や住民票が必要になります。

時々「納税証明書?見たことない」という人がいますが、車検時に出している自動車税の領収証(の半券が納税証明書のはず)です。

代金の支払い時ですが、最近は担当者に現金を持たせない会社も多いので、振込先の口座も用意しておけば万全です。

子供が大きくなってきて一緒に遠出する機会も増えたため、いままでより大きな車に買い換えようと思い、思い切ってちょっと高い買い物をしました。

ディーラーで、以前乗っていた車は「お乗りになりますか」と聞かれたので「いいえ」と答え、そこで自然に下取りという流れになりました。

実際、下取りしてもらった経験はなかったので、ただの購入と違って買い替えなら、下取りもしてもらえてラクトクだなとさえ思い、見積書の合計だけを見て交渉なしで決めました。

妻は、下取りイコール値引きだとしか考えていませんが、僕はそうではないと思うんです。

中古車買取業者を利用したほうが良かったのではないかといまだに後悔しています。