post

普通、車査定を受けるのに良い時期はやはり、3月が最もおス

普通、車査定を受けるのに良い時期はやはり、3月が最もおススメだといいますよね。

どうして3月が良いのか気になりますよね。

調べたところ、生活環境が一新する4月は、車が必要になる人が多くなり、1年で一番、中古車の市場が大きく変わるからです。

ということは、買取需要が高まるという事ですので、見積もりも多少は高くなる傾向にあります。

それに付け加えると、この時期は自動車税も関係してきますから、査定も売却も3月中に済ませてしまう事を最善だと言えます。

車の買い替えをするなら、何とか少しでも高額に買い取ってくれればありがたいものです。

業者さんとの掛け合いにあたり、「すぐに納車できる」ということは、売る側のメリットとなるようです。

したがって、試算の際には、車検証、自賠責保険証、実印、印鑑証明書、自動車納税証明書も揃えておくことを勧奨します。

私が知る限りでは、実際の査定では、走行距離がまずチェックされます。

査定の中でも、一番重要な査定ポイントはそれまでの走行距離といわれているくらいです。

実際に10万キロを超えてしまった車でも売ることが出来るかは、車種や年式などによって様々ですが、なかなか困難なことです。

ですが、軽自動車は購入希望者も多いですし、あるいは、プレミアがついているような車でしたら、査定結果が上がることも、もちろんあるでしょう。