post

出張査定の手数料はほとんどの場

出張査定の手数料はほとんどの場合かかりませんし、自宅や会社などへの出張が可能なので、使いやすい方法ではあります。

一対一の交渉に自信がない方は店舗に直接車を持ち込んだ方が気楽かもしれません。

普通は予約なしで受けられ、さほど時間もかかりませんので、必ず複数の店舗で査定を受けてください。

代金や手数料の振り込みでトラブルが起きると厄介なので、現金取引に努めてください。

車をそろそろ手放そうという時、車を買い取る業者に査定してもらい、買い取り金額が確定して契約成立した後で減額するよう請求されることもあります。

そんな時でも、よくよく調べると不備があったので、買取額を減額しますと言われてしまったとしても応じなくてよいです。

その不具合を知っていたのにあらかじめ伝えなかったのならば問題ですが、そうでなければきっぱりと減額を断るか、契約をやめましょう。

車の買取サービスは、基本的に手数料は無料です。

あえて必要な経費といえば、車の名義変更手数料でしょう。

売主でなく買主側で変更するのが慣例になっていますから、買主は代行手数料という形で支払います。

名義変更代行の手数料については、査定価格から相殺してもらうのが一般的で、そうでない場合は契約を締結したあとで営業担当者に支払う場合もありますし、現金の扱いを禁止している会社では後ほど指定口座に振り込むことになります。

そのほか、細かいことですが、所有者の印鑑証明書と住民票の写しを用意するのは売主側の役目ですので、取得費として印紙代がかかります。

自治体によって差はありますが両方あわせても1000円未満でしょう。