post

車の「無料査定」を謳っている業者は多いですが、買取サービ

車の「無料査定」を謳っている業者は多いですが、買取サービス全体が無料だと思っていただいて構いません。

ただ、車両の名義を変更する必要がありますから、買取業者に手続きを委託するのであれば代行手数料が必要です。

名義変更にかかる代行手数料は査定金額と相殺してもらえるなら現金のやりとりは必要ありません。

相殺しないときは契約を締結したあとで現金で担当者に渡したり、指定口座に振り込んだりします。

それと、あまり大きな額ではありませんが、売却時には所有者の印鑑証明書と住民票の写しを用意するのは売主側の役目ですので、発行手数料(印紙代)がかかりますが、あわせて5?600円程度です。

郵送請求の場合は時間がかかることに注意してください。

過去に修復したことがある場合などは車の査定において大きなポイントとなります。

骨格部分の修理や交換の履歴がある車は、評価がとても下がります。

でも、たとえそうだとしても、隠せるものではないので、隠さず正直に伝えてください。

嘘をつくようなことをすると印象を悪くしてしまいますから、ありのままを話しましょう。

中古車売却時に必要なものを調べてみました。

買い取ってもらった金額のお金を振り込んでもらうための銀行口座と車検証と印鑑証明(発行後1か月以内の物を2通)等を準備しておきます。

取扱説明書やスペアキーがあれば査定金額が上がる可能性もありますので、ちゃんと用意しましょう。